高級貴族和竿を使って、ほぼ毎日釣り歩く貴族なぼくちんの抒情詩なんです。


by zurakenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

暮れも押し迫ったぁ去年十二月二日の竿貴さんです。

暮れも押し迫ったぁ去年のぉ十二月二日です。
府中の竿貴さんからぁお誂えしてたぁ、俺の貴族高級水雷竿出来たっつーんで、同じく竿貴さんのお竿の調整出してた六郎さんによぉ、車乗っけてって頂いてぇ、府中のどっ外れにある竿貴さん住居兼工房まで行って来たんよ。
竿貴さん所わ、駅からぁタクスィー乗ってもよぉ、メーター四回くれぇ回されちまう距離にあっからな。
六郎さんがぁ車乗っけてってくれるっつーだけでも、えれぇありがてぇお話だぜ。
c0234439_02495025.jpg

c0234439_02500150.jpg

c0234439_02501653.jpg
んまー、相変わらずパンチの効いたお部屋のレイアウツだっぺ。
入り口わ途轍も無い荷物の数で扉が開かねぇんで、まぁー鍵かけねぇでも泥棒わ入れねぇだろーな。
竿貴さん入れてぇ三人も住居兼工房に入るとよぉ、もー座る事も儘なんねぇが、
c0234439_02503182.jpg

c0234439_02504459.jpg
六郎さんの調整に出してる貴族高級ゼーハー中通し和竿だけどよぉ、んもーこれ見ちまうと、座れなくてぇ脚が攣っちまう辛さもあっつーまに忘れちまうな。

今回のぉ俺のお誂えしたぁ貴族高級竿貴ゼーハー水雷和竿もよぉ、二年越しの完成わ覚悟してたけんどな、その半分の一年も経たねぇで完成しちまったんだわ。
やりゃぁ出来んじゃんっつー所だがぁ、ワールドカップ並みに、何年かに一度のやる気元気いわきスイッチがぁ、竿貴さんに入ったらすぃんだわ。
c0234439_03140541.jpg

c0234439_03141985.jpg

c0234439_03143204.jpg

c0234439_03144441.jpg
数本の中からぁ一番形の良い竹選ばして頂いてな、グ握りも何も継足してねぇ、正真正銘一本物布袋竹のぉ水雷竿だよ。
前作のぉ貴族高級モバイル総矢竹ゼーハー和竿にゃぁ、鼈甲の糸巻きにぃ四分一銀のぉ竿尻入れて頂いたが、水雷にゃぁ竿尻特注デザイン石突きとお竿の間によぉ、四分一銀を挟み込むっつー、スーパーズラ健児仕様にして頂いたよ。
糸巻きわぁやっぱしな、鼈甲だと傷も付くしよぉ、経年で歪んできたりするみてぇなんでな、今回わぁ柿の木でぇ同じようなデザインのもの付けて頂いた。
んまーグレードダウンじゃぁあねぇ、実戦的なぁグレードアップつー事だ。
長さわ三尺ちょいくれぇ、塗りわ胴を薄めの手拭きでぇ仕上げて頂いてからーの節影、クチの色わぁちとピンク分含んだ、海老味噌みてぇな色の團十郎塗りにして頂いた。
この貴族高級竿貴水雷和竿でぇゼーハー釣ったんわ、去年のクリスメスイヴの夜だけんど、硬すぎちゃんじゃねぇちと乗らせる調子わぁ、こんくれぇのゼーハー掛けるとよぉ、びんびんでぇ面白ぇえったらぁありゃしねぇな。

[PR]
トラックバックURL : https://zurakenji.exblog.jp/tb/29558388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by zurakenji | 2018-06-16 02:41 | 和竿 | Trackback | Comments(0)