高級貴族和竿を使って、ほぼ毎日釣り歩く貴族なぼくちんの抒情詩なんです。


by zurakenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

一月十六日わよぉ、かっちょいい竿治四代目のお竿だよ。

竿治四代目親方のかっちょいいお竿が手に入ったんだよ。
c0234439_33301.jpg

もう竿治四代目親方もよぉ、鬼籍に入られて数年経ちますがぁ、やっぱ希代の名工、竿治四代目。
塗りの絢爛さに目が行きがちですけどねぇ、使ってる竹もよぉ、節がびしっーと並んで見た目がたまんねぇよ。
c0234439_3101724.jpg

手元わ淡竹でよぉ、後わ布袋の印籠継、まぁ軽いお竿じゃねぇな。
良く押上の竿辰親方も仰るが、軽いお竿っつーか、軽い竹わ弱いんだと。
持って軽いっつーのわよぉ、重目の竹使ってもよぉ、切り組みの妙でな、バランス良く仕上げてあっから持ち重りしねぇんだよ。
塗りも変わっててよぉ、節影塗りなんだけど胴塗りに手拭き掛けてねぇえんだわ。
ふつーわな、節影の濃淡を暈すのによぉ、上からぁ胴漆を手拭きで掛けんのがまぁ定番じゃあねぇの。
たまーによぉ、ちょー古ぃいお竿でな、そーゆー胴漆を手拭きで掛けねぇお竿もあっけどな、あんまし綺麗な節影じゃあねぇのが多いと思うわ。
俺の糞ブログで昔出したよぉ、竿金の鯉竿もんな塗りのお竿だがぁ、こーゆー塗りっつーのわよぉ、竿治一派の伝統的なぁ塗りなんかもしんねぇわ。
確かこの俺のお竿にそっくりでよぉ、朱の口塗りでお対の四代目竿治親方のキス和竿がな、年賀状になってんのを見た事有るわ。
劇画チックなグラデーションが濃淡はっきりしててよぉ、しっかし釣りしててもな、ついつい見惚れちまう面白れぇお竿だよなぁ。

この日わぁかっちょいいお竿眺め乍らな、御神酒まで頂いてぇべろんべろんでゼーハー釣っけどよぉ、
c0234439_3462758.jpg

c0234439_3441865.jpg

c0234439_3481562.jpg
c0234439_3475030.jpg
c0234439_347182.jpg

でけぇの一匹くれぇでな、後わぁお竿に負けちまうよーなしょぼいゼーハーと数しか釣れねぇでやんの。
c0234439_3502013.jpg


この貴族高級竿治四代目ゼーハー和竿わよぉ、やっぱ五号くれぇのオモシ背負わせてな、船ででっけぇゼーハー釣るよーなお竿何だろうな。
やっぱしょぼい陸釣りでよぉ、浅場の小せぇゼーハー釣るにゃあイマサンだわ。
[PR]
トラックバックURL : https://zurakenji.exblog.jp/tb/25101435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by char at 2015-12-25 12:52 x
ズラ健さんとてもお久しぶりです。今回の和竿はこれまた渋い竿ですね。確かに劇画チックですわwww。
このところ世の中つまんない話ばっかですが、このブログ読むとなんだか安心致します。どうか来年も御身体御自愛の上、宜しくお願い致しますね。
Commented by zurakenji at 2016-01-05 03:31
charさん、何時も孤高の糞ブログにお返事ありがとうございます。
劇画タッチのニュアンスをご理解頂けるなんて、大変嬉しく思います。
世の中のつまんない話以上にくだらない話しばかりですが、本年もよろしくお願い申し上げます。
by zurakenji | 2015-12-25 03:58 | 和竿 | Trackback | Comments(2)