高級貴族和竿を使って、ほぼ毎日釣り歩く貴族なぼくちんの抒情詩なんです。


by zurakenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

七月十二日もな、まぁだまだエベ釣ってやんよ。

今年わよぉ、去年と変わらず聖地荒川のエービーわぁ調子悪かねぇんじゃねぇの。
ズーシンインがぁ結構早い感じわすんな。
結局今年わぁ江戸川にゃあ行かなかったけどよぉ、聞く所じゃあ何か不調だったらしいよな。

c0234439_19315342.jpg

まぁーこの頃わぁ聖地荒川もよぉ、終盤入っちまってぇ、何か型も数も出ねぇよーな感じだったけどな、まーだひょっとしたらぁエベの野郎がウハウハ確変大ヒーバーすっかもしんねぇよなと、乙女の様な淡い期待抱いてよぉ、貴族高級東亮エービー和竿担いでよっこらと行って見んだよ。

c0234439_19382237.jpg

潮が動いてる時ゃあやっぱゼーハーが邪魔してうぜえけどな、聖地荒川のゼーハーもよぉ、一潮毎にでっかく成って来てんよな。

c0234439_19432128.jpg
c0234439_19425894.jpg
c0234439_19422880.jpg
c0234439_19414124.jpg
c0234439_19405297.jpg

悪かぁねぇ型なんだがな、何つーの、此れで深田恭子ならぁ六月のエベわぁ杉本彩っつー所じゃね。
貴族なエベにストの俺らなりゃあよぉ、その例えわぁ速攻でぴーんとくんだろ。
c0234439_19572179.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://zurakenji.exblog.jp/tb/22536456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by zurakenji | 2014-09-01 19:57 | 手長エビ | Trackback | Comments(0)