高級貴族和竿を使って、ほぼ毎日釣り歩く貴族なぼくちんの抒情詩なんです。


by zurakenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

二月十九日もよぉ、ナータゴへの道わぁ遠いよなぁ。

近場でナータゴ釣れんの分かったんわいいんだがぁ、まーったく手も足も出ねぇや。
家のババア連れてきゃあよぉ、一匹くれぇ出っかと思ったがな、そーわ問屋が卸さねぇよ。
c0234439_127244.jpg


c0234439_1154552.jpg

c0234439_115437.jpg

お竿わよぉ、貴族高級手書き東作中通しタナゴ和竿だ。
お手頃価格でぇハイクオリチィー安心の手書きの東、先代寿作親方のお弟子さん、寿匡さんがぁ作られてるお竿だからよぉ良くねぇ分ゃあねぇじゃん。

c0234439_1321375.jpg
c0234439_131402.jpg

c0234439_1331459.jpg
c0234439_1324934.jpg

もーよぉ、ナータゴ釣れねぇし、モチベンション保ってんのも疲れちまってよぉ、ババアにも早く釣れっつーて急かされっからぁ、ナータゴ鈎取っちまってぇ秋田狐スレ二号に替えてな、赤虫たっぷり付けて金魚釣ってお茶濁すしねぇや。

仕掛けもな、ちとてめえでトンボ作って見たんだけどよぉ、魚が引けゃあ何とかぁ上手く回るもんだよなぁ。
c0234439_1381553.jpg

まあ殆どよぉ、ただの目印に成り下がってっけど。

んでな、この金魚道場に通ってぇ四十年っつー仙人みてぇな爺さんが居んだけどよぉ、ほーんと毎日皆勤賞で来てるんだぜ。
戦場カメラマンによぉ、どえれぇクリソツなとっつあん何だけどよぉ、すんげー好い人でな、だーれもナータゴ出ねぇ時でもよぉ、一人片手わナータゴ釣ってんだよ。
オマケによぉ、ぜーんぶ竿からぁ仕掛けによぉ、餌入れ迄自分で作ってんだよな。
お竿なんかよぉ、カシューで塗らねぇで、本漆で仕上げてっからてえしたもんだよ。
竹もよぉ、ぜーんぶ自分で探して取ってくんだと。
c0234439_148973.jpg

とっつあんのカバン中にゃあな、がちゃがちゃと色んな自作のナータゴ和竿がぁ入っててよぉ、四十年もな、モチベンション保ってぇ金魚道場でぇナータゴ狙ってんだからぁ、いくら貴族で侍で横綱なハイソサエティーフィッシャーマンの僕ちんがぁ逆立ちしても敵わねぇよ。

つー事で、今日もよぉ、ナータゴの面わ拝めず終いだ。
帰りにゃあよぉ、くっそさみぃからな、麻辣火鍋食い放題でよぉ、豚やら牛やら羊やらぁリバース寸前迄食い倒して来てやったわ。
c0234439_157596.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://zurakenji.exblog.jp/tb/21795797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by zurakenji | 2014-03-09 01:57 | その他釣り | Trackback | Comments(0)