高級貴族和竿を使って、ほぼ毎日釣り歩く貴族なぼくちんの抒情詩なんです。


by zurakenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

二月七日にゃあ本命やっと出たぜ。

はぜ朗さんと前回ポインツ開拓した川でよぉ、俺にゃあカワムツしか出ねえんでな、今回こそわぁベーヤマ出してやんべと息巻いて行ったんだよ。
c0234439_20371322.jpg

水わどえれぇクリアでよぉ、偏光通して覗いてやりゃあ、あっちこっちでよぉ、ヒゲの野郎に混じってな、ちっせえ魚がぁきらきらとヒラ打ってんだよ。

c0234439_2044453.jpg

この貴族高級ベーヤマ和竿わよぉ、無銘なんだけどな、すんげえ形の良い淡竹の手元が付いててよぉ、仕舞いも尺五寸しかねぇ、ベーヤマ和竿にしちゃあモバイビリチィの良いお竿でな、そんでもよぉ、九本も継ぐからぁ全長わぁ十三尺くれぇあんだよ。
オマケによぉ、穂先にも綺麗に覆輪入ってっしな、クチの塗りわぁよぉ、ゴージャス松野なぁ金の虫喰い塗りなんだぜ。
c0234439_20584915.jpg

こんなすんげえ造りなのによぉ、無銘何わ何だか不思議だよなぁ。

まぁ魚が居る所探り歩いてよぉ、其処んとこ紅い蛆虫通してやりゃあ良いんだろーけどな、もー歩き回んのもめんどくせぇんでよぉ、ちとチャラ瀬除けてな、流れの緩い所一箇所狙ってやったんだよ。
c0234439_2057656.jpg

c0234439_2058625.jpg

c0234439_2133177.jpg
c0234439_2123396.jpg
c0234439_2102499.jpg

c0234439_2143254.jpg

c0234439_2173063.jpg
c0234439_2164092.jpg

c0234439_2117723.jpg

飛び跳ねてっからよぉ、魚わぁ沢山いんのわ分かってんだよな。
けどよぉ、一番ちっせえベーヤマのスレ鈎付けてもよぉ、紅い蛆虫喰い切れねぇからちっせえのばっかだとよぉ、食い込まねぇんでぽろーりとフライングオートリリースばっかだよ。
偶によぉ、ちと型の良いカワムツも掛かるけどな、がっつんがっつん入れ食いにゃあ何ねぇなぁ。

ぼちぼち夕暮れも迫ってよぉ、近所のお寺の鐘がぁごーんと鳴りゃあ、ますます魚が水面ざわつかせんだよ。
水面意識してんだろーけどよぉ、紅い蛆虫しか持ってねぇ俺にゃあ、只管水中で蛆虫漂わせっしかねぇんだわ。

夕陽の逆光きつくてよぉ、流してる玉浮子も見えねぇんだがぁ、手元にきゅーんと引き込まれるアタリが有ってよぉ、

c0234439_21185323.jpg
c0234439_21181658.jpg

連荘でよぉ、やーっと本命のベーヤマ出たよ。
ちと型が良いんでな、貴族高級ベーヤマ和竿での釣り味わぁもーし分ねぇなぁ。
信じて紅い蛆虫流してもよぉ、時合いがくりゃあんな感じでぇちと良い魚も出て来るもんだぜ。
[PR]
トラックバックURL : https://zurakenji.exblog.jp/tb/21726533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by zurakenji | 2014-02-24 21:45 | オイカワ ヤマベ カワムツ | Trackback | Comments(0)