高級貴族和竿を使って、ほぼ毎日釣り歩く貴族なぼくちんの抒情詩なんです。


by zurakenji
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

東亮さんのお竿が出来たんでよぉ、九月六日、七日、八日、九日わぁ横十行くべや。

六日にな、東亮さんによぉ、やーっとお誂えした貴族高級五本継ゼーハー中通し和竿完成したじゃん。
もー嬉しくってな、お竿受け取ったまんまよぉ、稲荷町東作からぁそのまんまぁ横十へ直行だぜ。
六日わぁよぉ、もー時間もおせぇんでな、駅からちけぇ竪川とのぉ合流点行ったわ。
まぁ今時ゃあ竿下ろしでよぉ、適当ゼーハー釣れりゃあ構わねぇよ。
c0234439_581294.jpg

c0234439_510440.jpg

やっぱよぉ、貴族高級東亮五本継ゼーハー中通し和竿、どえれぇかっちょえぇよなぁ。
もーよぉ、電車ん中でな、貴族高級東作唐桟竿袋開けてよぉ、直ぐ見たくて見たくてしょうがねぇの我慢しててよぉ、それってな、ションベンしてぇの我慢してな、はえぇとこチャック開けてぇ気分と似てんよな。

c0234439_5172854.jpg

c0234439_5211643.jpg
c0234439_5201622.jpg
c0234439_5182152.jpg

一時間ちっとでな、こんだけ釣れりゃあ竿下ろしにゃあ十分だべ。

んで九月七日。
c0234439_530586.jpg
c0234439_5292122.jpg
c0234439_5284614.jpg
c0234439_5281588.jpg
c0234439_5273613.jpg

ここんとこ調子のいい、大島橋周りでぇ貴族高級東亮五本継ゼーハー中通し和竿使わねぇわけにゃあいかねぇだろ。
お竿の調子見んならぁ、最高のロケーションだべ。
まぁー九尺くれぇ有っけどよぉ、バランスもいいしな、ぜーんぜん持ち重り何かねぇぞ。
いっくら釣ってもぜーんぜん疲れねえ。

九月八日わぁよぉ、もー雷ゴロゴロだしな、何時大雨くっかもしねぇから、六日おんなし、竪川合流点でぇ雨宿りしながらぁゼーハー釣りだべ。
c0234439_5413635.jpg
c0234439_5405735.jpg
c0234439_5394088.jpg
c0234439_5385475.jpg
c0234439_5382455.jpg


竪川の処からの流れ出しでもよぉ。
c0234439_5455591.jpg
c0234439_545437.jpg
c0234439_5443582.jpg
c0234439_544074.jpg

まぁー結構釣れちまうんだよな。
天気悪りぃとよぉ、セイゴとかぁウロの野郎も元気になってくんだよな。
c0234439_5485599.jpg

c0234439_551578.jpg
c0234439_5493361.jpg

でよぉ、大雨降り出しやがってな、鴨のガー助共もよぉ、橋の下でぇ雨宿りに来やがったわ。

c0234439_5533550.jpg

c0234439_601095.jpg

ここわよぉ、結構釣り人の出入りがぁ多い場所なんでな、ちとゼーハーの数がぁ薄いよーな気がすんわ。
やっぱ大雨ん時にゃあ、ガー助共以外にな、釣り人がぁ二人逃げて来てよぉ、最後わぁ狭めぇ場所でぇ三人で釣りする羽目になったぜ。

でよぉ、最後わぁ九日な。
c0234439_623170.jpg
c0234439_62784.jpg
c0234439_613632.jpg
c0234439_611739.jpg

大雨の次の日じゃん、なもんでよぉ、ゼーハーの食い悪くなっちまったかなぁ思ったけどな、んな心配無用の助だったわ。
おっ始めて二十分でよぉ、もーんなに釣れやんの。

c0234439_672278.jpg
c0234439_67164.jpg
c0234439_6638100.jpg

ボロっちいヒネによぉ、くっせぇウグイも釣れたしな、この日もよぉ、まぁー満足なぁ釣果だべ。
くっせぇウグイ釣れっとよぉ、ちゃーんと横十のぉ季節わぁ進んでんなぁと、ちとセンチになりますねぇ。
まぁよぉ、俺ゃあゼーハー釣り行ってもな、せいぜいやってよぉ、三時間くれぇだからな、こんくれぇ釣れりゃあ十分だろ。

四日連荘でな、東亮さんのお竿使ってよぉ、感じたこたぁ、やっぱ九尺有ってもな、ぜーんぜん疲れねぇっつーことだ。
でよぉ、五本の小継だかんな、マジで持ち運び楽ちんでよぉ、ほーんと何処でもぉ持ち出したくなっちまうよなぁ。
しかもな、穂先からぁ下がよぉ、矢竹小継でぇ並継じゃん、調子強めでよぉ、かっつんかっつんゼーハー掛けに行くんにゃあ持ってこいの調子だぞ。

この貴族高級東亮五本継ゼーハー中通し和竿よぉ、東亮さん、穂先の布袋んとこ、節抜く時失敗しちまった見てぇでな、漆で二箇所補修してあんだよ。
まぁーだお若いんでよぉ、ちと粗いとこもあんだろうけどな、流石東作六代目の下でな、十数年今だに修行しに行ったりしてんだけの事は有ってよぉ、俺ももー三本東亮さんにお誂えして頂いたけどよぉ、中々すんばらしいお竿作るよなぁ。
おまけによぉ、お値段もえれぇお手頃なんだよ。
まぁーだ修行中っつーことでぇ、あんまし高くしねぇそうだ。
お陰でな、お店によぉ、東亮さんの竿出りゃあすーぐ売れちまうしよぉ、柔軟に注文聞いてくれるんでな、お誂えもぉ結構多いみてぇで、忙しくてぇ何よりだべ。

もー大御所の親方衆がぁ大変ご高齢な中よぉ、まぁーだ二十代の東亮さんわぁ、この先、江戸和竿のぉ伝統を背負って行く貴重な存在だ。
小物釣りがぁお好きならぁ、皆さんもよぉ。ちと東亮さんの作ったお竿、一度わぁ手に取って見て貰いてぇなぁ。
[PR]
トラックバックURL : https://zurakenji.exblog.jp/tb/20730076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by zurakenji | 2013-09-13 20:53 | 和竿 | Trackback | Comments(0)