ズラ健児の寝言


タグ:和の釣具 ( 34 ) タグの人気記事



五月四日わな、休みなのに根津なんだよ。

今年の黄金週間わぁくっそなげぇよな。

先月のぉお話だけどよぉ、釣れねぇバーチーのぉ毎年恒例すみよし会のブーナマ釣り遠征がぁあんたんだよ。
んでな、釣れねぇバーチーの川の滸でよぉ、黄昏てりゃぁな、高級車で俺の後ろに乗り付けたぁブーナマ釣り師の一団がぁ来たわけよ。

まー話しかけて来たらよぉ、此処わぁさっぱ釣れませんよとお話ししよーと思ったらな、

おろ?

何処かでぇお見受けしたよーなお方じゃあありゃしませんか?
っーんでよぉ、僕ちんの記憶の糸を手繰ってみりゃぁ、あーーーー、我等、貴族な釣り界の第一人者でぇ、平成の世に貴族高級和竿の世界を伝承させたぁ、葛島一美さん、その方じゃあねぇの。

先によぉ、一緒に釣り来てたぁ六郎さんがぁもー気付いてたぁそーで、色々お話しされてたぁそーで、興味深けぇ貴族高級和竿のお話しして頂いたぁそーだ。
俺もよぉ、葛島さんがぁ持ち込んでたぁ、貴族高級竿辰三代目石黄塗りっつー、二代目竿辰親方の塗りを伝承したぁ朱色のクチ塗りのぉ、総布袋竹ブーナマ和竿を拝見さしてぇ頂いたりとな、まぁーリアル貴族ならでわのきちょーなお話しをお聞きしたりしたんだわ。

c0234439_01253411.jpg

んまぁー、すんばらぁすぃーお竿を出しだったよ。
此処わぁくっそでけぇブーナマやらぁがくっからな、葛島さんもぉ怖くてぇこのお竿わ使えねぇと仰ってたよ。

c0234439_02194279.jpg

んでよぉ、今回のぉ、釣れねぇすみよし会のブーナマ釣り遠征のご報告とな、四月の十九日わぁ竿富親方んとこに出掛けてよぉ、葛島さんにお会いしたよとかぁ、でっけぇ乗っ込みブーナマ相手のぉ総布袋のお酒作って頂けませんかぁねぇなーんてお話ししてたらな、親方がぁ、ちと前に葛島さんがぁ今度出す本を送って来たんだよなんつーてよぉ、ちろっと覗かして頂いたんだがぁ、
c0234439_02194321.jpg

c0234439_02194393.jpg

もーやべぇえな。
ハナからおしめぇまで総天然色の写真満載でよぉ、失禁もんのお宝のお竿だらけで、根津から家までよぉ、もーギンギンになりながらぁ、早ぇえ所売らねぇかなと、鼻血垂らしながら帰えった。

んでぇ月日わぁ経ちましてぇ、
c0234439_02194407.jpg

c0234439_02194438.jpg

んなお葉書を、竿忠の親方からも頂いてだぁーな、遂に販売もぉ間近だぁなぁと指折り数えてぇやっとのぉ五月四日、今日わぁ黄金週間だんべ、祭日わぁお休みの筈のぉ竿富親方からぁお電話頂いてよぉ、すわ、親方なんか有ったんかとしんぺぇしたがぁ、なんとよぉ、葛島さんがぁ今日親方んとこ遊びに来たそーで、序でに竿富親方んとこで予約しといた葛島さんの新刊にな、葛島さんのサインとよぉ、ズラ健児さんゑと名前入れて頂いておいたぞっつー話なんでぇ、釣りも行かねぇで、すっ飛んで根津へと駆けつけた訳よ。
c0234439_02194481.jpg

c0234439_02194514.jpg


中身わぁよぉ、買ってからぁのお楽しみっつー事で、歴史的芽衣竿がぁな、もー許して下さいっつーくれぇ載っててよぉ、ちっとでも頁捲りゃあ、僕ちんにゃぁガキん頃のビニ本以上の衝撃と強烈なインパクツを受けた次第でありやした。

最後にゃあちとお話しわぁ変わりますがぁ、
店開けてねぇのにお邪魔しちまった。竿富親方んとこでよぉ、
c0234439_02194517.jpg

c0234439_02194641.jpg

c0234439_02194647.jpg

こんなお竿があんだけどな、東作さんのお竿なんだけど、瓢箪の枠ん中に東作っつー、矢竹根堀手元のぉ尺二寸切り矢竹削りっ穂のブーナマ和竿があんだわ。
ずーっと昔にな、東盛親方がぁ手入れされたそーで、かなる大昔のお竿でもよぉ、すんげぇぴっかぴかで殆ど傷やら汚れもねえよ。
誰かがぁ作った贋作かもしんねぇって推測も出来んが、こんな作りの良いお竿で偽もんも有り得ねぇえっつーお話だ。
以前親方がぁこのお竿持って、稲荷町にもぉ銀座にもぉ、東作の御大将お二人に見て貰ったそーだが、お二方共、こんな焼印見たことも聞いたこともねぇっつーお話だそう。

正にお宝じゃあねぇの?
「瓢箪東作」
葛島さんにお見せしてあげたらぁ良かったじゃあねーですかと竿富親方に言ったけどよぉ、親方、さっぱし忘れてただとよ。


[PR]
by zurakenji | 2017-05-05 00:59 | 和竿 | Trackback | Comments(0)


やっとぉ、うまい棒の毎日からぁ解放されました。

忘れもしねぇ、二千十五年わぁ五月十八日。
苦節数ヶ月、毎日毎日うまい棒食ってぇ貯めたぁ銭握りしめてよぉ、終にこの日がぁやって参りました。
c0234439_17221084.jpg

うまい棒だけの食生活だったろ、聖地稲荷町へと向かう間によぉ、空腹に栄養失調でぇ何度失神したかわかんねぇよ。

東作本店に這いずりながらぁ入ってよぉ、大事に握りしめたお足を松本御大にお渡ししてぇ、そそくさとよぉ、裏の下谷稲荷大明神様によぉ、今日のこの日を感謝しにお参りしてな、
c0234439_17221148.jpg


残りの銭でよぉ、上野の行きつけの飲み屋寄ってぇ、栄養つけてな、
c0234439_17221291.jpg


死ぬ思いしてぇ手に入れましたんわぁ、







c0234439_17221211.jpg

c0234439_17221315.jpg

c0234439_17221467.jpg

c0234439_17221558.jpg



涙涙のぉ、超貴族高級マーベラス六代目東作キースー小継水雷和竿だよ。

仕舞いがぁ尺五寸の三本継でよぉ、全部継いでもぉ四尺くれぇしかねぇんだよ。
穂先わぁ見事なぁ調子のぉ背美鯨っ穂、布袋の穂持ちにゃあ尺五の長さの中によぉ十節も入ってんだぜ。
手元わぁ布袋の亀甲節でな、竿尻にゃぁよぉ、お竿とおんなし胴返しのぉ変わり塗り、おまけに四分一銀迄入ってんだわ。
角枠東作の焼印もよぉ、焼印じゃなくて手書きなんだよなぁ。
もーシャレオツの極みっつーお竿だろ。
ガイドもよぉ、sicだろーな。

六代目わぁ画家を目指してらしただけあって、もー漆の色使いがぁかなる飛び抜けちゃってんだよ。
んな色使いがぁ出来るお方わぁ、やっぱ六代目しかいらっしゃらねぇだろ。
c0234439_17221583.jpg


このお竿でよぉ、金田湾でぇボートのキースーもへさべさにやりてぇよなぁ。
オモシもよぉ、五号背負ってもちょーど良い塩梅だ。

まぁー、うまい棒毎日食って節約したお陰でな、序でに、
c0234439_17221673.jpg

c0234439_17221697.jpg

んな、貴族高級東正水雷和竿も一緒に買っちまったんわ内緒だけどな。

[PR]
by zurakenji | 2016-10-24 16:42 | 和竿 | Trackback | Comments(0)


晴釣雨和竿屋さん巡りだよ。

晴の日にゃぁ釣り行って、雨の日にゃぁ和竿師さんの所お伺いする貴族な僕ちんだ。
行って色んなお話すんのわよぉ、なーんも買わねぇでもちょー面白れぇ。
冷やかしばっかの俺みてぇな、クソうぜぇ客でもよぉ、親方衆わぁ相手にしてくれんで、暇潰しにゃぁ最高だ。

二月十七日わよぉ、根津の我心の師匠、二代目竿富親方ん所だ。
c0234439_17193023.jpg

秋に向けてのぉスーパーウエポンの相談に乗って頂いてな、そしたらぁ竿富親方も乗り気でよぉ、任せろやっつーんでお願ぇえしてきた。
c0234439_1724573.jpg

こりわガン玉さんが修理に出してる、竿富親方のお竿だけどよぉ、俺のお誂えするお竿にもな、んなかっちょええ淡竹の根堀着けてくれませんかねぇってお願いしたんだけどな、多分この形で合うサイズねぇなぁなんて仰るんでよぉ、ちとがっかりだなぁ。

まーんでもよぉ、帰り際、親方ん所傍でシーコー買ったらな、へさしぶりに当たりやがってよぉ、こりゃあ春からぁ縁起良いかもしんねぇな。
c0234439_1732432.jpg




んで二十六日も冷てぇ雨じゃん。
今日わぁ稲成町詣でに行ってみんべ。
c0234439_17364941.jpg

前に売約させて頂いたぁ、超貴族高級東作六代目キースー水雷モバイル和竿をよぉ、松本御大がぁ拝んでけっつーんでな、有り難ーく拝まして頂きやんした。
c0234439_1741553.jpg

c0234439_17431967.jpg
c0234439_17424741.jpg

もー舐め入るよーに眺め回してやってよぉ、早ぇえ所、うまい棒だけ食う節約生活ともお沙羅場して、手に入れちまいてぇもんだよ。

この日わぁお店二階のな、東亮さん、影武者さんの工房にお邪魔してたんだがぁ、やっぱぁ釣りに行けねぇこんな雨の日わよぉ、こーやって和竿のお店行って、色々と駄弁んのが一番良いよ。
c0234439_17514062.jpg

東亮さんわぁお誂えのタナゴ竿の製作が一段落したそーで、胴にゃぁ手拭きの濃い漆によぉ、クチにゃぁ燻んだ青の胴返し塗りっつー、ニュー東作竿を模索中の東亮さんの意欲に満ちたぁすんばらすぃお竿だったなぁ。
竿富親方んとこじゃよぉ、烏滸がましくてぇ、釣り以外のお話わぁ殆どしねぇが、この御二人わぁまぁーだお若いんでな、ナオンの話やらぁくっだらねぇ話でよーく盛り上がんだわ。

c0234439_1835860.jpg
c0234439_1832179.jpg

お買い物わよぉ、最後の一個でな、もー作る予定もねぇえっつー、浮子止めゴム製造器によぉ、女将さん手作りのぉ稲成町東作本店オリジナルゼーハー片天秤だ。
浮子止めゴムもな、あーんなクソ小せぇゴム管がよぉ、馬鹿になんねぇ値段で売ってんじゃん。
こりがありゃぁあ、手前ぇで何度も使用済みの浮子止めゴムを使い回せるしな、付属のゴム管を切ってこん中に突っ込んで糸通しゃあ、いっくらでも浮子止めゴムが作れんだぜ。
初期投資の値段わ高ぇえけど、一袋五個くれぇで、ん百円もすんの考えりゃあぜーんぜん元取れんよな。

だーらだらと稲成町東作本店で過ごしてよぉ、もーお外出りゃあ釣瓶落としで真っ暗だ。
下谷稲荷神社様お参り行ったらぁ、もー閉まっちまったんでよぉ、外の賽銭箱にお賽銭入れさせて頂いたよ。
c0234439_181828100.jpg

[PR]
by zurakenji | 2016-03-15 18:18 | 和竿 | Trackback | Comments(0)


貴族高級竿六和竿。

すみよし会メンバーの中でも、取り分け釣りがお上手で、手先もすんげー器用な竿六さん。
何時もよぉ、自作のお竿でよぉ、がっつんがっつん魚沢山釣られていられんだがぁ、ずーっとよぉ、んな竿六さんがぁ俺にお竿作ってると言われてたんだよ。

んでよぉ、一月わ二十五日に何時もどーりな、横十へぶらりとついてみりゃぁ、
c0234439_14542010.jpg

どどーんとよぉ、竿六親方からぁお竿のプレゼンツだぜ。

モバイルゼーハーリール竿でよぉ、塗りわぁ赤の山立て研ぎ出し、穂先わぁソリッドでよぉ、ちゃーんと穂鞘まで付いてんだよ。
仕舞いがぁ短けぇえスペニングリール竿欲しかったんだよなぁ。
竿六さんわ何がすんげーってよぉ、竹もご自分で伐採してくんだぜ。
c0234439_1515217.jpg

c0234439_15555.jpg

でよぉ、また凝り性でな、お竿の袋もご自身で布買って来てぇ針仕事。
c0234439_1510969.jpg

乙女チックなセンスもすんばらしいよな。

この日わよぉ、まさか貴族高級竿六和竿頂けるたぁ思わねぇんで、貴族高級竿治ゼーハー和竿さいとうたかを塗り持って来ちまったわ。
c0234439_15131886.jpg

ゼーハーもちとマシなサイズ出てよぉ、
c0234439_15155629.jpg
c0234439_15152788.jpg

c0234439_15164851.jpg

マイソウルゼーハーメイツの浅草のおやっさんもよぉ、バケツん中わぁ結構いっぺぇになってたな。
c0234439_15221384.jpg


んでな、六郎さんが持って来たお竿見てくれよ。
c0234439_15245066.jpg

お誂えのぉ貴族高級正勇作ゼーハー和竿だけどよぉ、どっかで見たよーな象牙のゼーハー型糸巻きが付いてんだわ。
糸巻きもよぉ、特注だそーだが、まぁー超貴族の考える事ぁあよー分からねぇぞ。

すみよし会メンバーもよぉ、僕ちんの貴族高級竿六和竿に垂涎ぉ眼差しでな、今宵のおいてけ掘夜總会わぁちゃんちゃん。
c0234439_1541270.jpg



そしてぇ六日後のぉおいてけ掘、満を持してぇ貴族高級竿六和竿のご登場と相成りやんした。
c0234439_1674947.jpg
c0234439_1671851.jpg

リールシートがよぉ、後ろのほーにくっ付いてっからな、スペニングリール付けっとよぉ、良い塩梅で穂先も落ち着きやがんわ。
c0234439_16102037.jpg

ソリッド穂先わぁよぉ、びみょーな調子にまで削り込んであんだよ。
胴の方わな、大分硬めの調子でよぉ、穂先でびみょーなアタリ取って、硬めの胴でがっつんとゼーハーぶっ掛けるっつー攻めのお竿だぁな。

c0234439_1618415.jpg

c0234439_16212034.jpg

マイソウルゼーハーメイツのよぉ、浅草のおやっさんもとことこと現れたんでな、早速ゼーハー釣ってみんべや。

c0234439_1624389.jpg

c0234439_16284379.jpg
c0234439_162792.jpg
c0234439_1626118.jpg
c0234439_16252014.jpg

c0234439_16424027.jpg
c0234439_164137100.jpg
c0234439_1641125.jpg

んな感じ。
でけぇの釣れてんだろ。
真冬のゼーハーだぜ、喰らい付いてもよぉ、アタリわぁひんじょーに小せぇ。
其れを取ってよぉ、がっつんと掛けられるお竿だと思ったよ。(※感想には個人差が有ります。)
まぁよぉ、隣でぇおんなしお竿使って釣ってた竿六さんのバケツ見りゃぁ、お竿のお陰っつーのもな、強ち嘘じゃねぇだろ。
c0234439_16571981.jpg


穴兄弟もとい竿兄弟。
c0234439_16564652.jpg

今年のヨコハメがぁ楽しみになっちまったなぁ。
[PR]
by zurakenji | 2016-01-29 15:48 | 和竿 | Trackback | Comments(0)


毎日、うまい棒だけ食う生活がぁ始まりました。

血の涙流したぁ次の日の二月二日にゃぁよぉ、
c0234439_2371177.jpg

ボトルキープのジントニックとよぉ、不本意に折っちまったぁ寿浩さんのお竿持ってよぉ、肩落としてぇとぼとぼと稲荷町を歩く僕ちんが居た訳ですよ。

c0234439_2401678.jpg

稲荷町っつーたらよぉ、行くんわぁ持ちの論、稲荷町東作本店っきゃぁ用わねぇ。
しかーし、その用っつーんわ、折っちまったぁ寿浩さんのお竿の修理っつー情けねぇ用事なんでよぉ、松本御大に合わせる顔もねぇえや。

「ズラ健児、此間買ったぁお竿、どっか具合悪ぃい所でもあったかぁ?」
つい数週間前に買ったばっかのお竿持って現れたぁ、不肖ズラ健児によぉ、松本御大もぉちと驚かれた感じだがぁ、かくかくしかじか、お竿を折っちまったぁ経緯おはなしてよぉ、ジントニック一杯かっ食らったらぁ、良い気分になっちまってぇ、今も現役でぇばりばりとお竿を作られてる寿浩さんのお竿だしな、直ぐ穂先作り直してくれんだろって話してたらよぉ、

「実わよぉ、ズラ健児に買って貰いてぇお竿があんだよ。」
と来たもんだ。

五世四代目竿忠親方ならよぉ、冷やかしばっかのおめーにゃあ売らねぇよって、いっつも言われる所だがな、こーいきなしストレーツによぉ、天下の稲荷町東作本店の松本御大に言われちまったらぁ、ジントニックの酔いも抜けてよぉ、思わず起立して怯んぢまう事仕方ねえ。

そう仰ながらぁ松本御大が裏から持って来られたんがぁ、








c0234439_2582373.jpg

c0234439_2593953.jpg









おいおい、来たよ来たよ。
こんなお竿、俺みてぇな貴族じゃ無くてよぉ、雲の上の天上人がぁ使うお竿じゃねぇの。
現在江戸和竿界頂点に立つ、江戸和竿を芸術の域に迄高めたぁ至高の職人っつーか芸術家、松本三郎、東作六代目のお竿じゃねぇか。

貴族で侍で横綱わ喰わねど高楊枝。
当然持ち合わせわぁねぇし、お値段聞いて、しょんべんちびるくれぇだったけどな、是非買わせて頂きますが、お足が準備出来るまで、お取り置き宜しくお願い申し上げますと頭下げましたよ。

この日からぁ、毎日うまい棒で飢えをしのぐ生活が始まりました。
[PR]
by zurakenji | 2016-01-25 03:15 | 和竿 | Trackback | Comments(2)


一月十六日わよぉ、かっちょいい竿治四代目のお竿だよ。

竿治四代目親方のかっちょいいお竿が手に入ったんだよ。
c0234439_33301.jpg

もう竿治四代目親方もよぉ、鬼籍に入られて数年経ちますがぁ、やっぱ希代の名工、竿治四代目。
塗りの絢爛さに目が行きがちですけどねぇ、使ってる竹もよぉ、節がびしっーと並んで見た目がたまんねぇよ。
c0234439_3101724.jpg

手元わ淡竹でよぉ、後わ布袋の印籠継、まぁ軽いお竿じゃねぇな。
良く押上の竿辰親方も仰るが、軽いお竿っつーか、軽い竹わ弱いんだと。
持って軽いっつーのわよぉ、重目の竹使ってもよぉ、切り組みの妙でな、バランス良く仕上げてあっから持ち重りしねぇんだよ。
塗りも変わっててよぉ、節影塗りなんだけど胴塗りに手拭き掛けてねぇえんだわ。
ふつーわな、節影の濃淡を暈すのによぉ、上からぁ胴漆を手拭きで掛けんのがまぁ定番じゃあねぇの。
たまーによぉ、ちょー古ぃいお竿でな、そーゆー胴漆を手拭きで掛けねぇお竿もあっけどな、あんまし綺麗な節影じゃあねぇのが多いと思うわ。
俺の糞ブログで昔出したよぉ、竿金の鯉竿もんな塗りのお竿だがぁ、こーゆー塗りっつーのわよぉ、竿治一派の伝統的なぁ塗りなんかもしんねぇわ。
確かこの俺のお竿にそっくりでよぉ、朱の口塗りでお対の四代目竿治親方のキス和竿がな、年賀状になってんのを見た事有るわ。
劇画チックなグラデーションが濃淡はっきりしててよぉ、しっかし釣りしててもな、ついつい見惚れちまう面白れぇお竿だよなぁ。

この日わぁかっちょいいお竿眺め乍らな、御神酒まで頂いてぇべろんべろんでゼーハー釣っけどよぉ、
c0234439_3462758.jpg

c0234439_3441865.jpg

c0234439_3481562.jpg
c0234439_3475030.jpg
c0234439_347182.jpg

でけぇの一匹くれぇでな、後わぁお竿に負けちまうよーなしょぼいゼーハーと数しか釣れねぇでやんの。
c0234439_3502013.jpg


この貴族高級竿治四代目ゼーハー和竿わよぉ、やっぱ五号くれぇのオモシ背負わせてな、船ででっけぇゼーハー釣るよーなお竿何だろうな。
やっぱしょぼい陸釣りでよぉ、浅場の小せぇゼーハー釣るにゃあイマサンだわ。
[PR]
by zurakenji | 2015-12-25 03:58 | 和竿 | Trackback | Comments(2)


一月二十一日、二十二日わよぉ、親方衆に会いに行くべ。

c0234439_1223067.jpg

今年も年の始めにゃあよぉ、テクノポリスのデパーツメンツストアじゃあ、恒例の江戸伝統工芸展が有ってよぉ、名だたる江戸和竿の親方衆が一同に会するチャンスと有って、俺も毎年遊びに行くんがこの時期楽しみなんだよ。
c0234439_1175864.jpg


二十一日わよぉ、江戸和竿協会の理事長、五世四代目竿忠親方と、副理事長の二代目竿富親方だ。
c0234439_1282672.jpg

実演係わ竿富親方でな、無口なぁ職人気質の竿忠親方がぁ慣れねぇ接客係だよ。
「おう、ズラ健児、今年も冷やかしに来たかぁ。」
なんてぇ毎度の挨拶代わりのお言葉をよぉ、竿忠親方に投げかけられっけど、やっぱバリバリの江戸っ子弁使う竿忠親方わぁかっちょえーよな。
c0234439_1334628.jpg

初日なもんでぇ、見に来るお客さんも多くてな、竿忠親方もご高齢乍らお忙しいご様子だったわ。
c0234439_138339.jpg



c0234439_1424110.jpg

んで二十二日もよぉ、貴族な僕ちんわデパーツメンツストアに足運んでな、親方達に会いに行くんだけどよぉ、この日わぁ江戸和竿会の重鎮お二人、三代目竿辰親方とよぉ、江戸川区マイスターの竿しば親方だよ。
c0234439_1432349.jpg

この日の自演わぁ竿辰親方でな、接客わぁお喋りがお好きな竿しば親方の当番だ。
c0234439_1455579.jpg

竿辰親方がぁこれから全盛期になる、たなご竿の製作に励んでおられてたがぁ、親方のたなご竿っちゃあ、背美鯨っ穂の先ちょに有るよぉ、団子節っつー仕掛け結ぶ所なんだがぁ、しゃかしゃかとな、小刀一本でよぉ、鯨の髭削ってな、親方の長年の経験で調子出してよぉ、その先にこりまたぁ小刀一本で、ちっせぇ団子節をちょちょいと削り出しちまう技わぁ、まさに職人技で思わず見入っちまうわ。
c0234439_2102416.jpg


竿しば親方がぁ昼飯時間だっつーんで、ズラ健児、ちと一緒に飯行かねぇかと誘われちまったから、もち喜んでお供させて頂きやんすと一発返事。
さて、竿しばの親方わ何がお好みでやんしょとお尋ねすりゃあ、何とびっくり、親方の好物わ「とんかつ」との事。
こんなガタイの俺でさえ、急にとんかつわぁモタれんよなぁっつー感じだがぁ、いやぁー八十歳過ぎてこの食欲、竿しば親方ご立派ですぜ。
こんだけでけぇ「とんかつ」をがっつり平らげちまうくれぇお元気でしたら、もちのろん、百歳でも余裕ですんばらしいお竿作って頂けんでしょうな。
c0234439_27243.jpg

[PR]
by zurakenji | 2015-12-21 02:08 | 和竿 | Comments(0)


雨の十月二十二日わな、竿富工房に遊びに行くべ。

晴れにゃあ釣り、雨降りにゃあ和竿工房巡りっつー優雅で貴族な生活ばっかしてる僕ちんだ。
この日も雨なんでよぉ、根津の親方んとこ迄遊びに行くよ。
c0234439_5184337.jpg


前日の二十一日にな、江戸和竿睦会の毎年恒例のゼーハー釣り研修会が有ってよぉ、竿富工房にゃぁ親方のゼーハー道具が沢山散乱してたわ。
c0234439_5221787.jpg

リアル横綱の竿富親方のゼーハー道具まじまじと眺めてよぉ、もーお竿なんかぁ長年ずーっと使って来たぁ親方の片腕だろ、かなる漆剥げたりしてぇ年季入りまくりだけんどもよぉ、すんげー刻み込まれたぁ歴史っつーもんをまじまじと感じさせてくれんよ。

一回のゼーハー船釣りでよぉ、んなにお竿持ってくんだぜ。
ゼーハー釣りにかける情熱がぁ半端ねぇよな。
親方わぁ何時もゼーハーならぁ、仕舞いが長めの長尺竿が好きだってぇ仰ってるがぁ、此れ等のお竿もんなんばっかだな。
c0234439_5311192.jpg

竿辰親方もぉそーだけどよぉ、御自身で使ってるお竿見せていただくとぉ、もー実用に重きを置いてぇ、ほっとんど飾っ気のねぇ、彼方此方修理しまくったお竿使ってんだよな。
この御二方わぁ、もー江戸前の釣りに関しちゃあ超横綱だけどよぉ、やっぱ御自身がぁ竿師で釣り好きったらぁ、お竿がぁぼっ壊れたくれぇ屁でもねぇし、貴族高級和竿使って、がっつり釣り楽しむなんざぁ、貴族だけど貧乏性の俺にゃぁ真似できねぇけど、ちと憧れちまうよなぁ。

c0234439_541888.jpg

親方がぁ修行時代にぃ弟子入りしてたぁ、竿作の古いゼーハー和竿も使ってるそーだ。
若き日の竿富親方がぁ作ったぁお竿だそーで、師匠の竿作さんがぁ見て合格したら焼印押すんだとよ。

仕掛けわぁやっぱ伝家の宝刀、竿富ゼーハー天秤がぁ全部のお竿にぶら下がってたがぁ、この二本鈎もかなる凝って結んでんだよ。
c0234439_550489.jpg

地獄鈎ってぇ程感覚わぁ狭くねぇんだが、上鈎のほーわ拠ってあってな、鈎同士がぁまぁ絡まる事もねぇだろうしすんげー使い易そうだ。
親方の拠り糸の作り方わぁ早ぇえし、すんげー綺麗なんだがぁ、毎回親方に作り方教わってもな、どーも僕ちんにゃあ上手く出来ねぇんだわ。
[PR]
by zurakenji | 2015-01-15 05:55 | 和竿 | Trackback | Comments(0)


竿貴

c0234439_61815.jpg

けっこー前からよぉ、すんげぇ綺麗なお竿作られているんで、かなる気になっていた竿師さんが居た訳よ。
今や貴族高級和竿フリークとっちゃあ、恐らく其の名前知らねぇ人もいねぇと思う竿貴さんが其の御方だよ。
俺の仲間内でもな、いっぺぇ竿貴さんにお竿誂えてる人がいんだが、もーベタ誉めばかりでよぉ、こりゃぁ一度わお会いしねぇとなぁと思ってたらよぉ、やはり貴族高級和竿フリークの六朗さんがな、竿貴さんにお誂え行かねぇか?っつーんでよぉ、ガン玉のとっつあんにな、すみよし号運転して貰って竿貴さん所、九月二十七日に行って来たんだよ。

c0234439_624734.jpg

まだすんげぇ御若い方だっつー話わ聞いてたけどよぉ、二十代半ば過ぎたばっかでな、以前、東作本店の松本御大にお聞きした話によりゃぁあ、何でも竿貴さん、中学生ん時ゃあ、稲荷町へ弟子にしてくれと来たそうだぜ。
そん時ゃあよぉ、食えねぇから丁重に断ったらしいが、そん後もよぉ、竿貴さんわぁ一流の竿師目指す夢諦めねぇで、竿治親方んとこで勉強会に通ってな、色々と精進して今に至ったそーだ。

まぁお会いした第一印象わぁ爽やかな好青年だけどよぉ、髪わぁぼっさぼさ、着ている無地の白いTシャツわぁ煮染めたよーな色になってて、ズボンわぁぼろっぼろの作業ズボンだろ、おまけによぉ、工房兼住まいわぁこりまたぁ築五十年っつー感じの、ちと傾いたアパートだよ。
其処によぉ、竹やらぁ榁やらぁ所狭しと突っ込んであってな、自分が寝るスペースなんざぁ身体半分もねぇえんだぜ。
後わぁカップメーランの空の容器がぁ散乱しててよぉ、まじでこりゃぁ二十一世紀の日本たぁ思えねぇ、どー見ても戦前のぉ竿師さんの生活を彷彿させる暮らしでぇぶったまげたわ。
火入れの火鉢なんかわよぉ、アパートの外の廊下にな、無造作に放置してあったわ。

其の身体半分しか入らねぇスペースにな、俺とガン玉さん、六朗さんに竿貴さんと寿司詰めで座ってよぉ、先ずわぁ竿貴さんと言やぁ、四代目竿治親方を継承する、すんげー美しい塗りが売りだと思うんでぇ色々と塗りのサンプル見せて頂いたけど、
c0234439_625293.jpg

先代竿忠を研究したぁ胡麻竹塗り、
c0234439_6275516.jpg


金虫食い塗り、
c0234439_6295794.jpg


竿治伝統のぉ青砂団十郎塗り、
c0234439_6322019.jpg

とよぉ、色々竹の切れ端にな、塗りの研究したんがころころと彼方此方転がってんだよ。

何れも練習した塗りだけどな、ほーんとその技術もトウシロウの俺にゃぁ、超一流の技にしかぁ見えねぇ。

勿論、塗りだけじゃあねぇよ。
お誂え中のよぉ、小鮒竿やナータゴ竿も見させて頂いたがぁ、竹もすんばらしぃし、時々な、自分でぇ山行って竹狩って来たりもすんだとよ。
後わぁ四代目竿治親方から譲り受けたぁ竹も大分ストックしてあっし、どんどんすんげぇお竿作って楽しませて頂きたいもんだわ。
c0234439_643282.jpg

c0234439_637427.jpg


ガン玉オヤジもよぉ、素見しだけで付いて来たくせにな、結局わぁ竿貴さんのストイックなお竿に対する姿勢、技術をまざまざと見せられて、最後にゃぁやっぱお竿注文してやがった。

今の若い野郎とわ全然かけ離れた生活してる竿貴さんだ。
テレビもパソコンもねぇし、携帯もガラケーなんだぜ。
生活もお竿作りだけじゃあ食えねぇそーで、色々と公共料金の支払いにも難儀してるっつー話聞くとよぉ、はえぇとこ大成して貰いてぇなあと切実に思うんだがぁ、こんなすげぇお竿作ってんならぁこりからの将来わ明るいだろな。
まぁー貴族高級和竿市場わぁ狭いかもしんねぇが、分かる奴にゃぁ分かる、高くても分かる奴わぁ買うっつー世界だからぁ地道にこつこつと頑張って貰いてぇもんだよ。

後継者問題でも深刻な江戸和竿業界だけどよぉ、東作継承者の東亮さん、竿忠~竿治系を継承するであろう竿貴さん、お二人共まだ二十代、一応お互い面識も有るそーだし、この御二方がいりゃぁよぉ、俺がくたばる迄わぁ余裕で貴族高級江戸和竿を愉しませて頂けんわ。
[PR]
by zurakenji | 2014-12-18 07:02 | 和竿 | Trackback | Comments(6)


九月三日、貴族高級竿しばゼーハー和竿エスパーダ始動します。

c0234439_20552186.jpg

新小岩が誇る世界のマイスター、我らの竿しば親方からぁお電話有ってよぉ、貴族高級竿しば総布袋淡竹根堀手元ゼーハー和竿エスパーダが仕上がったとの事でぇ、九月三日にゃぁあよぉ、昂ぶる心抑えながらぁ新小岩迄ちょっくら総武線乗って行って来たよ。
このお竿誂える為にな、半年間わぁ臥薪嘗胆、毎日うまい棒だけ食って節約した日々にお別れだと思うとよぉ、胸と股間になんか熱いもんがぁ込み上げて来るんがあんよ。

甘ぇえもんがぁ大好きなぁ竿しば親方と女将さんの為によぉ、洋菓子ぶら下げてぇ竿しば釣具店のぉ扉開けリャぁ、先ずお目々に飛び込んで来たんわぁ、村西とおるばりによぉ、カメラでばちばちなんか撮影されてる竿しば親方のお姿だ。

でな、その眩すぃー撮影の照明の下に横たわるんわぁ、

c0234439_2171430.jpg

AV女優なんかぁ比べもんになりゃしねぇ、お美しい竿しばの貴族高級和竿がよぉ、畳の上でぇ和柄のお竿袋脱いでな、官能的に寝そべっていたっしゃるじゃあねぇの。
さしずめ、新小岩美人三人姉妹っつー趣でよぉ、まー本当に美しいよなぁ。

一番上のノッポな二本継がぁ俺のお竿だぁな。
真ん中の三本仕舞わぁもー嫁ぎ先がぁ決まっててよぉ、
c0234439_21164925.jpg

この竿しば親方初のぉ五本継モバイルゼーハー和竿わな、俺がぁこんなの良いっすよっつーて作られたお竿だがぁ、ちとこのお竿娶るんにゃぁ、俺わぁ後一年くれぇ毎日うまい棒食って凌がねぇといけねくなっちまうんだわ。

c0234439_21252797.jpg

もー親方んとこ長居してぇ夕暮れだしよぉ、この超貴族高級和竿抱えてぇ家帰るかどーすっか迷ったけどな、竿しば親方んとこでぇナスオモシ二つにぃ袖鈎とよぉ、もー竿しば釣具店くれぇでしか買えねぇ幻の地堀ゴカイ買ってな、どーしても直ぐ使いてくなっちまってよぉ、そのまんま夕闇迫るキンシーチョーに行っちまったよ。
c0234439_21321440.jpg

c0234439_21341264.jpg

c0234439_21552090.jpg

仕掛けわよぉ、ナスオモシ直に鈎結ぶだけでぇ十分だ。
c0234439_2153317.jpg

十五分しかやれねぇが其れでゼーハー一匹でも釣れりゃぁもー文句ぁねぇよ。

c0234439_21585459.jpg

今回のお誂えに当たってわぁ、横十メインでよぉ、総布袋の七尺くれぇでしなやかなぁ細身のお竿、手元にゃあ細身でぇ形の良い根堀の淡竹、穂先も細目でぇ遊べるお竿でぇおねげぇしますてぇお伝えした。
特に拘ったんわぁお竿の色でよぉ、此処わぁ釣果に全然関係ねぇんだが、貴族で侍で横綱の僕ちんにゃぁあよぉ、綺麗なぁお竿持ってねぇと世間の目が許さねぇじゃん。
ずーっと憧れてたんわぁ、名著「平成の竹職人」、竿しば親方ん所に載ってるな、布袋印籠小継のブーナマ和竿でよぉ、昔、親方実物も拝見させて頂いたがぁ、手拭きの胴塗りに銀と青の覆輪がぁ描かれたあの色だ。
あの銀と青の色がすんげー頭にずーっと離れねぇんだよ。
其処によぉ、青貝あしらったぁ竿しば塗りと節影塗りのコラボレーションさしたらぁ、どんだけゴージャス松野なお竿に何だろうってよぉ、何年もずーっと毎晩妄想してた訳。
c0234439_22192047.jpg


c0234439_22201190.jpg

c0234439_22214027.jpg

んなスペサルなボデェに載せるんわぁやっぱ象牙でよぉ、親方のご近所のな、もう御歳九十の職人さんが削った象牙の波型杭やぁ鳩目をな、細身のお竿に合わせる為にそっからぁまーたシコシコとぉ竿しば親方がぁ削ってサイズダウンさせんだぜ。

c0234439_22283554.jpg

お竿の入魂もよぉ、僅か十五分だけだがぁ無事終えてな、お空見上げりゃぁお月様がぁもー出てら。
c0234439_22343731.jpg

初秋のお月様の下じゃぁよぉ、ゴカイ包んでたぁ新聞紙ん中のぉ竿しば親方がぁ笑ってやがらぁ。
c0234439_22352896.jpg

[PR]
by zurakenji | 2014-11-25 22:44 | 和竿 | Trackback | Comments(0)

    

高級貴族和竿を使って、ほぼ毎日釣り歩く貴族なぼくちんの抒情詩なんです。
by zurakenji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>しん坊さん 野生の獣..
by zurakenji at 11:41
ズラ健さん、久々の連続ア..
by しん坊 at 11:13
どり太郎さん ハイスピ..
by zurakenji at 02:21
> たけさん あの日は..
by zurakenji at 01:31
> しん坊さん 初めま..
by zurakenji at 01:28
カーディナル、良いですよ..
by どり太郎 at 18:37
charさん。 根津色の..
by zurakenji at 07:16
ズラ健さんご無沙汰してお..
by char at 20:28
たけさん、先日はお疲れ様..
by zurakenji at 03:16
たけさん今晩は。 あの..
by zurakenji at 03:07
メモ帳
最新のトラックバック
我心の師匠、竿富親方。
from ズラ健児の寝言
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧