ズラ健児の寝言


一月二十日、二十六日、二十七日、二十八日、二十九日のぶらりキンシーチョー途中下車の旅です。

ぶらりキンシーチョー途中下車の旅、まんずわ二十日。
お竿わよぉ、貴族高級稲荷町東作本店手書きの東セミモバイルゼーハー和竿だ。

c0234439_7145117.jpg

c0234439_7212533.jpg
c0234439_7203136.jpg
c0234439_7195048.jpg
c0234439_7185584.jpg
c0234439_7181896.jpg
c0234439_717828.jpg
c0234439_7163322.jpg
c0234439_7154668.jpg

終によぉ耐えられず、手袋しねぇとたまんねぇ寒さになったぜ。
手袋わよぉ上州屋マニアの俺だかんな、持ちの論、漢のGETTしかねぇだろ。
まぁ良く釣れたほーだがな、悴んでよぉ、餌付すんのも一苦労だわ。


二十六日わな、貴族高級竿幸総布袋ゼーハー和竿だよ。
竿幸さんっつーたらよぉ、竿富親方系列にぃ竿しば親方系列とな、二人の竿幸さんがいらっしゃるんだがぁ。このお竿の変わったぁ木の糸巻きがよぉ、仲間の持ってる初代竿庄さんのお竿と同じでな、然も竿尻抜いてよぉ、其処に逆印籠でぇ追い元付ける所なんかもな、其のお竿と同じなんだよな。
つー事でよぉ、こりわ竿しば親方系列の方のな、二代目竿幸さんじゃねぇのかと思うんだわ。
c0234439_724986.jpg

c0234439_730426.jpg
c0234439_727518.jpg
c0234439_726271.jpg

c0234439_7315479.jpg

c0234439_7353782.jpg

c0234439_7345149.jpg

c0234439_7364566.jpg

c0234439_7384233.jpg

c0234439_7402720.jpg

総布袋だけんどもよぉ、まぁ持ち重りもしねぇし良いお竿だよ。
糸巻きもかっちょ良いんでな、眺めててもきんもち良いもんだ。
ゼーハーもこの日わぁ型も悪かねぇし、数も中々でよぉ、お竿の調子共々楽しめたぜ。


二十七日のお竿わな、定番の貴族高級竿富ゼーハーモバイル和竿だl。
こりに稲荷町東作本店のぉ女将さんお手製オリジナル両天秤でやってみんべ。
c0234439_746167.jpg
c0234439_7451573.jpg
c0234439_7442460.jpg
c0234439_7423280.jpg

c0234439_74915100.jpg

c0234439_7511680.jpg
c0234439_7503271.jpg

c0234439_7552379.jpg

マイソウルゼーハーメイツのよぉ、浅草のおやっさんがぁな、よーく俺に御神酒のブラックニッカ水割り買って来てくれんだよな。
こりがまたぁうめーのなんのってよぉ、ぶっちゃけ、こんなくっそ寒ぃい時期にゃぁ炭酸水のサントリー角ハイボール濃い目alc9度よかぁ飲みやすくてよぉ、まじで助かるわ。
まあゼーハーわぁ良い型のも出てくっけどよぉ、折角の稲荷町東作本店オリジナル両天秤に、ダボーでゼーハーわ掛からんかったわ。


二十八日にゃあぁな、貴族高級東盛東西線ゼーハー和竿追い元二本付き持ってった。
c0234439_7534165.jpg

c0234439_831089.jpg
c0234439_821488.jpg
c0234439_805552.jpg
c0234439_7592986.jpg
c0234439_7585736.jpg

c0234439_862652.jpg
c0234439_854558.jpg
c0234439_851192.jpg
c0234439_844024.jpg

何ともしょっぺぇ釣果でよぉ、折角の貴族高級東盛東西線ゼーハー和竿追い元二本付きのぉポテンシャルを堪能出来んかったけどな、このくっそ寒ぃい夜中によぉ、制服姿で俺の横からぁ竿出してくるガキがいんなぁと思いきや、よーく見りゃぁ、俺のゴーストフィシャーメンじょにやんでやんの。
いっつも奴わ薄着だけどよぉ、まあアホなのか釣りに対する情熱で熱いんだか知らねーけど。
まーだ高校生ならぁよぉ、釣りよかぁセン釣りのほーが楽しいだろ。


二十九日にゃぁあな、貴族高級竿しば総矢竹ゼーハー和竿だぜ。
矢竹っ穂の中通しのお竿わぁ俺の好みでな、軽くてよぉ、矢竹って竹の身がぁ布袋よかぁ詰まってねぇじゃん。
なもんでな、中通しの穂先にすっと、隙間が多い感じがしてな、アタリが共鳴する感じでよぉ、ゼーハーが餌に食い付いてのが判り易い気がすんだよ。
c0234439_891825.jpg

c0234439_8145734.jpg
c0234439_814311.jpg
c0234439_813145.jpg
c0234439_812268.jpg
c0234439_811615.jpg
c0234439_8101846.jpg

何かぁ足下でよぉ、鳥がくたばってて気ん持ちわりぃが、こりが夏のでけぇ手長エービーの糧になんだろと思えやぁな、奢れるものも久しからず、ただ春の夜の夢の如しだよ。
今宵わぁぜーんぜんさっぱしだ。
肉付きの良い奴わいっけどよぉ、数わ伸びねぇんでな、マイソウルゼーハーメイツの浅草のおやっさんもな、とぼとぼと帰えっちまったわ。

c0234439_816253.jpg

まあよぉ、この玉金も縮み上がる真冬の夜にな、夜な夜なゼーハー釣り如きに、おいてけ掘りまで通う熱いアホ共わよぉ、すみよし会のメンツしかいねぇんだよ。
[PR]
by zurakenji | 2016-01-29 08:16 | ハゼ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://zurakenji.exblog.jp/tb/25237486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by char at 2016-01-29 21:03 x
ズラ健さんこんばんわ。
竿幸さんの御竿は私も中通しタナゴ竿はじめ、幾つか持ってます。
焼印は角枠に竿幸(はっきりした文字)、かなり焼き崩れて枠の一部が識別できる竿幸、あっさりした字体の枠なし竿幸です。
このうち、角枠ではっきりした字体の焼印の竿は竿富さん系列の2代目竿幸さんのようです。かなり焼き崩れて枠の一部が識別できる竿幸は、初代の瀬古さんだそうです。昭和40年代に叔父が東京で直接手に入れているので間違いないようです。
どれも手元に細めの6本の筋巻があり、結構しっかり火入れしてあるようです。また、1本を除き残りはごくごく素朴な作り込みです。
なんか、下町の職人さんが高度経済成長の時代、芸術性とか採算性とかそんなものより、”しっかりとした竿を拵えるのが俺の仕事なんだよ”といった昔気質の気概を感じる好きな竿です。
でも、同じ6本筋巻ですがズラ健さんのお竿のように竹の地肌が比較的明るく見える胴塗やカラフルな塗りは初めてですので、本当に珍しいです。東盛さんの東西線、見る限りでは、あっさりしてるけど昔堅気を感じるほんとうにいいお竿ですね~♪。
Commented by zurakenji at 2016-01-30 02:43
charさん、こんばんは。
竿幸さんのお竿をそんなにお持ちとは。
自分も竿幸さんは、キス中通しの対竿と、マブナ竿を他に持っていますが、其方のお竿は、charさんのおっしゃる通り、呂色の地味な物で、枠無しのあっさりした字体の焼印でした。
そのお竿と、このハゼ竿の竿幸は、全然意匠が違うので、やっぱり竿しばさんの方の竿幸さんなのかなぁ?と思いました。
貴重な意見ありがとうございます。
以前ですね、竿富さんの所で、初代竿富さんの師匠の竿幸さんのお竿を見せて頂きましたが、「尾久の竿幸は火入れの名人で、お竿が焼きで真っ黒なんだよ」と言ってた通り、ぎりぎりの感じで焦げる寸前の黒さでした。
東盛さんのお竿はですね、何と某所で、ジャンクのグラス竿の中に束ねて隠れて入っておりまして、見つけた時は恐らく未使用品、大量のグラス竿と纏めて嘘の様な値段で手に入れられました。
ぶっちゃけ、宝くじで数億円当たるより嬉しかったですよ。
Commented by char at 2016-01-30 15:23 x
ズラ健さん、ジャンクの中から東盛さんの御竿を見出すことが出来た、そんな事自体が出会いですね。正直、誰もわからなければそのまま本当にジャンク扱いでホカされていた可能性もあるわけですし。そういう意味で宝くじというよりはやっぱり必然の出会いなんだと思いますよ。でも気持ち的に宝くじ以上というのは納得っすね~。
Commented at 2016-02-14 12:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by zurakenji at 2016-02-27 01:22
charさん。
お返事遅れまして、申し訳御座いません。
結構埋もれたまま廃棄されてしまった、貴族高級和竿も多かったでしょうね。
自分が小学生の時に、近所のゴミ置きで拾った某有名竿師さん作の、鮎の溝和竿はまだ手元に置いてあります。
オークションでも途轍も無い素晴らしいお竿が、遺品整理とかで出てきますが、出品者は価値も分からず、落札額見て驚いてたりしてる様ですね。
欲しい人の手に渡り、また大切に使って貰えるのがやはり一番でしょうな。

<< 貴族高級竿六和竿。      毎日、うまい棒だけ食う生活がぁ... >>

高級貴族和竿を使って、ほぼ毎日釣り歩く貴族なぼくちんの抒情詩なんです。
by zurakenji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>しん坊さん 野生の獣..
by zurakenji at 11:41
ズラ健さん、久々の連続ア..
by しん坊 at 11:13
どり太郎さん ハイスピ..
by zurakenji at 02:21
> たけさん あの日は..
by zurakenji at 01:31
> しん坊さん 初めま..
by zurakenji at 01:28
カーディナル、良いですよ..
by どり太郎 at 18:37
charさん。 根津色の..
by zurakenji at 07:16
ズラ健さんご無沙汰してお..
by char at 20:28
たけさん、先日はお疲れ様..
by zurakenji at 03:16
たけさん今晩は。 あの..
by zurakenji at 03:07
メモ帳
最新のトラックバック
我心の師匠、竿富親方。
from ズラ健児の寝言
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧