ズラ健児の寝言


我が心の師匠、竿富親方。

おとついよぉ、
六月十七日の聖地荒川だべ。
この貴族高級タナゴ中通し竿知作和竿、通称「荒スペ」」な、家帰ってからよぉ、糸替えんべやと思ってな、ワイヤー穂先に突っ込んでたらよぉ、穂先の節の途中からな、ぴっこーんってよぉ、ワイヤーが竹突き抜けちまってな、昨日わぁよぉ、折角の荒川によぉ、持っていけねぇんで参ったわ。
まぁー俺わぁよぉ、しょっ中な、貴族高級和竿ぼっ壊しちまうんだわ。
こりゃあな、貴族で繊細な神経の持ち主であるボクチンとおんなし、貴族で繊細な高級和竿使ってたらよぉ、すーぐに折れちまったりな、凹んぢまうんわぁおんなし事なんだよ。

でもよぉ、俺にゃあ文京区の根津にな、江戸和竿協同組合副理事長でな、経産大臣やぁ都知事認定のよぉ、伝統工芸士の二代目竿富親方がぁついてっかんな、なーんも怖いことわぁねぇや。
親方んとこへな、ぼっ壊しちまったぁ貴族高級和竿持って行きゃあよぉ、何でも直してくれるんだぜ。

まぁーんな事でな、聖地荒川へ行く前によぉ、ちょこっと根津の親方んとこ寄ってよぉ、荒スペ修理に出して来たんだわ。
ちとよぉ、名の通った和竿職人の親方んとこ行ってよぉ、修理お頼みすっとな、自分とこのお竿じゃあねえとよぉ、修理にあんましいい顔しねぇんじゃねーの?って気がすんだろ?
竿富親方曰くな、自分の竿もぉ、きっとどっかでよぉ、他の竿師さんが修理してんだろうから、自分も誰のお竿とかぁ関係無くな、修理しますよって仰るんだわ。
だからよぉ、皆もな、何かてめーのお竿がぁちょーし悪りぃ所有ったらよぉ、竿富親方んとこで頼んでみたらぁどだうだべや。
修理もよぉ、費用どえれぇたけぇんじゃねぇの?って思うだろ?
まぁー心配すんなって。
ひじょーによぉ、修理代もぉ良心的だしな、簡単なぁ調整とかだとよぉ、顔馴染みになっとな、ロハだったりすんだわ。
モチよぉ、親方んとこの竿ならぁ、火入れやら込み調整なんかわぁ、ぜーんぶロハだぁな。

でよぉ、親方んとこのお竿もよぉ、節あたりの値段がよぉ、有名なぁ竿師にも関わらず、どえれぇ手頃なんだよな。
他の親方んとこのお竿よかぁよぉ、物によっちゃあ半額くれぇでお誂えして頂ける事もあんぞ。
それにな、竿富親方わぁよぉ、お竿以外にもな、どえれぇ手先が器用だからよぉ、釣りの小物やらぁ仕掛けやらぁ、水箱の塗りやらぁ色々やっててよぉ、ほーんと何れもすんばらしいしな、使い易くってたまんねぇんだわ。
c0234439_1411390.jpg
c0234439_1404282.jpg

c0234439_1425094.jpg
c0234439_1421012.jpg

最近もよぉ、春先のぉ雑誌「つり人」でぇな、竿富親方がぁブーナマ釣ってた記事出てたけどよぉ、其処でよぉ、紹介してたぁ竿富ブーナマ用天秤とな、茅葺のシモリ目印がぁよぉ、上の三番目に写ってるやつだぁ。
やっぱな、雑誌に紹介されっとよぉ、結構在庫無くなるみてぇだぞ。
ブーナマ用天秤もな、俺がぁまーた作っといて下せぇって言っといてよぉ、出来上がったばっかのやつ何だぜ。
でよぉ、エービーとかよぉ、川の小物釣りで使うのにな、すんげぇ見やすくてよぉ、ちょーほーしてんのがな、上の四番目の画像のよぉ、クリスタルヘッドのちっせえ浮子なんだわ。
ちと陽がよぉ、出てっとき何かにゃあ、キラキラしてっからな、老眼進んでるボクチンでもよぉ、ちっさくてもどえれぇ見やすいぞ。
ルビーとよぉ、ダイヤの二種類あっけどよぉ、特に白いダイヤカラーの方がボクチンにゃあよく見えんなぁ。
でな、その浮子と一緒に写ってんのがよぉ、親方の作った貴族高級屋久杉製のちっせえ赤虫入れなんだわ。
屋久杉何てよぉ、もー今じゃあ木ぶっ倒してぇ材木なんざぁ取れねぇかんな。
こーんな超高級な箱によぉ、きったねぇ赤虫突っ込んでぇ魚釣りに行くっつーのがよぉ、やっぱ貴族っつーもんだな。

後よぉ、親方んとこでな、仕掛け入れやらぁ手甲によぉ、竿ケースとかぁ卸してる、元よぉ、野球のグローブとかぁ作ってたぁ職人さんがぁいてな、この職人さんが作るそれらの縫製品がこれまたよぉ、思いっきし昭和しててな、イナタイ感じがもータマンねぇったらありゃしねぇんだ。
俺もよぉ、モチこの職人さんの製品な、色んなの愛用してんだけどよぉ、こないだな、親方の水箱に被せるバッグをな、お誂えお願いしたんだわ。
まぁーもぉーひじょーに出来上がりがな、色使いもよぉ、トリコロール色の肩紐まで付いちまってな、どっからどー見てもこりゃあ昭和50年代だろ。
オマケによぉ、職人さん、何かこーいったお誂えがな、どーやらよぉ、おれが初めてだったみてぇでな、すんげえ拘っちまってよぉ、貴族にゃあちとオーバースペックなお手製のよぉ、めっさお茶目なアクセサリーまで付けて頂いちまったんだわ。
c0234439_2164682.jpg

この水箱ケースよぉ、もぉーどえれぇ気に入っちまってな、ブーナマ釣り行くときゃあよぉ、水入れっとケースが汚れちまうんでよぉ、もー最近わぁ水箱に道具だけ突っ込んでな、大切に使ってんだ。
これ持ってよぉ、常磐線ギャル達のホットな視線浴びながらな、優越感に浸りながらよぉ、ブーナマ釣りに行く快感に浸ってる貴族なボクチンだぜ。

そーいえばよぉ、荒スペ修理のついでにな、貴族な、ボクチンわぁまぁーた銭もねぇのによぉ、ちょーしぶっこいて親方によぉ、来年のエービー用の竿をお誂えお願いしちまったんだわ。
ありきたりじゃあねぇ、すんげえ変わった竿が好きなボクチンだかんな、何かあーでもねぇこーでもねぇとよぉ、まぁーた親方悩ますよーなむづかしい事言ってな、あれこれやってたらよぉ、昔作ったこんなん竿がちょーどよぉ、調整で戻って来てんだわ仰ってぇお見せ頂いたんがぁ、
c0234439_2323075.jpg

おおおおおおおお!
こりゃあやべえぞ。
尺切りでぇ四本継、糸巻き付いてっけどな、中通しじゃあねぇ、ぜーんぶガイドの付いたよぉ、外通しの小物竿何だわぁ。
でよぉ、穂先わぁグラスソリッドでな、細い竹に合わせてよぉ、糸巻きの前に並んでる白いちっせえやつわぁなんとおんめぇ、象牙削ってよぉ、わーざわざ親方が作った糸通しガイド何だぜぇ。
何でもよぉ、お誂えお願いした方わぁ、ボソチク専門に釣る為にな、このお竿お願いされたんだと。
つーてぇとよぉ、もしや貴族高級和竿愛好家達のバイブル「平成の竹職人」のよぉ、竿富親方んとこに書いて有った、「クチボソ用のガイド付き竿を注文されてアイデア練ってるとこ」ってぇ書いて有ったぁ、あれのことですかい?って親方にお尋ねしたらよぉ、その通りだとよ。
もー15年くれぇそのお竿気になってた俺様わぁよぉ、このお竿にもーてめーの目ん玉釘付けだわ。
あの本に書いてたときゃあよぉ、まぁーだ作ってもねえからな、本の編集者のよぉ、葛島さんも見てねぇんだよって親方が言ってたわ。
[PR]
by zurakenji | 2013-08-21 04:50 | 和竿 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zurakenji.exblog.jp/tb/20392617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 八月二十二日わよぉ、横十と大横...      八月十六日のよぉ、長潮の大横で... >>

高級貴族和竿を使って、ほぼ毎日釣り歩く貴族なぼくちんの抒情詩なんです。
by zurakenji
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
我心の師匠、竿富親方。
from ズラ健児の寝言
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧